株式会社第一物産

会社概要

代表挨拶

創業から代々私たちが大切に守り続けている伝統の味

1960年、上野駅からほど近い東上野に、祖父母の「同胞に故郷のキムチを食べてもらいたい」という想いから、第一物産は誕生しました。
「キムチにはね、つくる人の想いが伝わるのよ」創業者のひとりである、祖母の言葉。
これは、祖父母からオモニ、そして私へと受け継がれてきた第一物産の原点です。
そして今、わたしたちは「すべてのお客様の“美味しい”のために」を理念に受け継がれてきた伝統の味と原点を守り、大切にし、私たちのこだわりでもある伝統製法の“手づくり”のキムチを、心を込めてお届けしています。
「お客様の食卓を笑顔に、元気にそして健康にする!」というミッションを掲げ、食を通じて皆さまに貢献できるよう、社員ひとつとなり取り組んでまいります。

会社情報

商号 株式会社第一物産
代表取締役 姜 恵蘭(カン ヘラン)
設立 1978 年6 月(1960 年創業)
所在地

本社:〒110-0015 東京都台東区東上野2-15-2 第一物産ビル


  • 野田センター(キムチ類の製造)

    野田センター(キムチ類の製造)

    所在地:千葉県野田市中里862-1
    アクセス:東武野田線(東武アーバンパークライン)川間駅 車3分


  • 白河センター(ナムル類の製造)

    白河センター(ナムル類の製造)

    所在地:福島県西白河郡西郷村小田倉狼山3-14
    アクセス:東北新幹線 新白河駅 車4分


  • 物流センター

    物流センター

    所在地:東京都足立区南花畑2-33-1
    アクセス:つくばエクスプレス 六町駅 徒歩12分


電話番号 03-3837-1913(代表)
資本金 3千万円
従業員数 60名
決算期 5月
主要取引銀行 みずほ銀行
主要業務 ・キムチ、ナムル類、調味料・タレ類、冷凍食品を中心とした製品の製造販売
・PB 製品の開発販売および韓国唐辛子、香辛料をはじめとする韓国食材の輸入販売
・百貨店、およびスーパーでの催事の企画運営
・コミュニティ「恵蘭 (ヘラン)’s Kitchen」の企画運営
・キムチ・韓国料理教室・イベントの運営
・オンラインショップの運営
主要販売商品 キムチ類、塩辛類、ナムル類、韓国唐辛子、香辛料類、健康食品、韓国酒類、麺類、調味料、韓国味噌・たれ類、韓国海苔、レトルト、韓国伝統茶、食器、雑貨他
主要取引先 生活クラブ生協連合会
株式会社カラミノフーズ
高瀬物産株式会社
伊藤忠商事株式会社
国分グループ本社株式会社
株式会社日本アクセス
三井食品株式会社
その他の全国の焼肉店、居酒屋、ラーメン店、飲食店等

第一物産の歴史

第一物産の創業から現在、
そして未来へ

  • 創業1960年
  • 姜 唐喜(カンギョンヒ)(初代社長)と高 任鉱(コ イムヒョン)が上野で約5坪の韓国食品専門店を開業。
  • 1968年
    姜 恩順(カンウンスン)が2代目社長に就任。
  • 1970年
    全国各地の百貨店・スーパーなどで韓国食品・キムチの催事事業を開始。
  • 1987年
    東京都に流通センター(旧竜泉、松が谷センター)を設立。
    全国各地のお客様、お取引先様へ商品をお届けしています。
  • 2000年
    千葉県に野田センター製造工場を設立。
    野田センターでは主にキムチ類の製造を行っています。
  • 2003年
    福島県に白河センター製造工場を設立。
    白河センターでは主にナムル類の製造を行っています。
    韓国料理レストラン「満奈多」をオープン。(2019年閉店)
  • 2005年
    姜 恵蘭 (カンヘラン)が3代目社長に就任。
  • 2007年
    インターネットでの通信販売を開始。
  • 2010年
    創業50周年を迎える。
  • 2013年
    自社ブランド「伝統の約束」と「vegeキムチ」シリーズを発売。
    韓国料理コミュニティ「恵蘭 (ヘラン)’s kitchen」をオープン
  • 2020年
    創業60周年を迎える。
    自社ブランド「オモニの食卓」シリーズを発売。