株式会社第一物産

お知らせ

2015-07-25

キムチの乳酸菌について(2)

こんにちは、キムチのソムリエ恵蘭です。

前回の「キムチの乳酸菌について(1)」https://www.d1b.jp/info/cat04/138/

「キムチの汁」こそ「乳酸菌の宝庫なのです」

と、お伝えしました。

でも、どうしてキムチには乳酸菌が豊富なのか?

って、ふと疑問に思いませんか?

発酵させてるからでしょ?

でも、どうして発酵させることで乳酸菌が豊富なの?

ということで♪

今日は「キムチには、なぜ乳酸菌が豊富なのか」ついてお話します。

まずは、キムチの材料(白菜キムチ)から説明しましょう。

キムチに欠かせない材料のひとつ「塩辛」

アミやイワシの塩辛が一般的に使われています。
(生の魚介類を使用する場合もあります)

もともと野菜に付着している植物性乳酸菌が
野菜から出る汁(水分)を栄養とし発酵します。

そこに、動物性の塩辛(アミ・イワシ)を加えることで
さらに、乳酸菌が増えるのです。

ちなみに。

前回、薬念に含まれる乳酸菌が1億以上と言いましたが、
以上といっても、実は・・・・・・

白菜の浅漬けと比べてみると・・・・・
(1g中に含まれる乳酸菌の量)

白菜の浅漬け  480万
たくあん     20万

そして、白菜キムチは。

ドコドコドコ ドコドコドコ  コドコドコ(効果音)

薬念に含まれる乳酸菌は・・・・・8億!!!!!!!!

そうなんです。 すごいんですよ!!!!!

さて、本題に戻りまして。

なぜ、キムチには乳酸菌がいっぱいなのか?

秘密は、キムチの食べ方にあります。

韓国のキムチは、水洗いせずにそのまま食べます。

そう。キムチの汁(薬念)は洗い流さないのです。

漬けたての白菜キムチも十分美味しいですが、

漬けてから数日~数週間じっくりと寝かせ
その間に、乳酸菌がじわじわと増えていくのです。

そう。キムチの汁に。

「え?わたし、洗い流さないで食べてるよ!」

という声がたくさん聞こえてきます!

でも。みなさん。

キムチの汁は、捨ててませんか?!?!

でも、キムチの汁ってそのまま飲むのはツラいですよね。

そんな時は、味噌汁やチゲ、炒め物に加えたりすれば
最後まで勿体なくキムチの汁を楽しめるのです。

せっかく乳酸菌が豊富なのに、捨てたら勿体ないっっ!!!!

ぜひ、キムチの汁まで食べてください!
(ん?飲んでください?)

発酵させることにより、より乳酸機が増えるキムチ。

そして、キムチの汁にこそ乳酸菌が多く含まれています。

酸味がほどよく出始めた頃。

キムチの汁は、乳酸菌の宝庫となっているのです。

酸味があまりにも強くなってきたら、チゲや炒め物など
調理して食するのをおススメします。

火を通すことで、酸味も和らぎ食べやすくなります。

次回は、キムチの発酵段階ついてお話しします。

*ヤンニョム(薬念)は、地方や家庭により材料も異なります。

キムチの乳酸菌